東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST

CASTってなに?   どこで会えるの?   どんなことをしてるの?

 

科学の実験・お話    お問い合わせ

 

 サイトマップ このサイトについて

 


 

 

トップページどこで会えるの?(イベント情報)これまでにしたこと>2011年度

これまでにしたこと

    

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

 

  2012年3月25日(日)  永山公民館ちびたまサイエンス


  静電気とシャボン玉

 

テーマ:ビリビリッ!静電気!!
 多摩市永山公民館で、静電気に関する実験教室を行いました。
 ストローやプラコップを使った簡単な工作で、プラスとマイナスの電気のことやコンデンサのことなどのお話もしました。             
  静電気のシーズンもそろそろ終わり。今回知ったことを生かして、来年の冬はビリッと痛い思いをせずに過ごしたいですね!

  

  2012年3月24日(土)  「ふしぎ体験!おもちゃミュージアム」お手伝い


 CASTの設立のきっかけとなった東京大学のゼミ「心を動かす表現法」(アドバイザーの滝川洋二先生指導)が、駒場キャンパスでイベント「ふしぎ体験!おもちゃミュージアム」を開催しました。CASTのメンバーも、イベントの広報と当日のお手伝いとして参加しました!

  ふしぎ体験!おもちゃミュージアムロゴ

  上るビー玉と三色ねじり棒

 

 小中学生を対象として、見たこともないような不思議な仕組みのおもちゃを作って遊んでもらいました。

 今学期のゼミでは、科学に興味のない子供でも楽しめて、気付かないうちに科学について学べているイベントを目指して、このイベントを企画しました。

 詳細はこちらのページへ。

 

  2012年3月18日(日)  読売新聞イベント@柏市


 

  テーマ;静電気ショー

  今月の読売新聞様とのイベントは、柏市で静電気ショーを行いました!

  乾燥している冬にしかできない静電気実験。読売新聞様とのイベントでやるのは今月が最後です。

  毎度のごとく、静電気の面白い実験を見て楽しみ、自分で静電気を体験してみて楽しむ、面白いショーを行いました!

  来月からはCAST側のリーダーも代わり、全く違った実験を行うのでお楽しみに!!

静電気をためるコップ・・・ビリっとします

 

  2012年3月9日(金)  目黒区立駒場小学校 出張理科教室


  磁石がつくる砂鉄の模様

 

テーマ:モーター風力発電でLEDを光らせよう!
 今年度最後の駒場小学校での理科教室は、磁石と発電をテーマに行いました!
 自分つくったプロペラでLEDを光らせた子供たちは大喜び。なかなかLEDが光らない子供たちも、どうやったら光るのか考えて真剣に取り組んでいました。             
  写真は理科教室の前半でやった、「磁石がつくる砂鉄の模様」です。

 

  2012年2月29日(水)  墨田区立外手小学校 出張理科教室


 

  テーマ;発電の科学

  学校の窓からスカイツリーが見える墨田区外手小学校で、磁石と発電についての理科教室を行いました。

  砂鉄で磁石がつくる模様を見たり、プロペラの工作をしたりと、少し難しいところもあったけど、みんな夢中になって実験に取り組んでいました。工作はお家に帰ってからももう一度チャレンジしてほしいですね。

外手小学校理科室

 

  2012年2月26日(日)  読売新聞イベント@花見川


  静電気シャボン玉

 

テーマ:静電気で遊ぼう!
  今月の読売新聞様とのイベントは千葉県花見川区で行いました。
  テーマは静電気。強い静電気を起こすバンデグラフという機械を使って様々な静電気の実験を行いました!             
  小型バンデグラフを使ってシャボン玉を操る実験では、最初は手こずりながらも最後には上手にシャボン玉を操っていました!

  

  2012年2月23日(木)  目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 

  テーマ;食べ物のふしぎ・料理のふしぎ

  今回の駒場小学校は、1 月に行った内容に少しアレンジを加えて低学年向けにした理科教室でした。元気いっぱいの50人を対象に身近な食べ物や料理のふしぎを解明していきました。

  途中からは試食ができるとあって、子供たちは大盛り上がり。いろんなものを「おいしい!」と言って食べてもらえたので、CASTメンバーも大満足の理科教室となりました。

  たべもののふしぎ

 

  2012年2月21日(火)  江戸川区立江戸川小学校サイエンスショー


  巨大空気砲

 

テーマ:空のヒミツ?!空気のヒミツ?!
  来年から理科の授業が始まる小学2年生約60人を対象に1時間のサイエンスショーを行いました。
  巨大な空気砲から大きな輪っかが見えたことに子供たちは大興奮!偏光板による色変化や回折格子の実験などにも素直な反応を見せてくれました。             
  これから始まる授業の理科も、興味をもって学んでいければいいですね。

  

  2012年1月27日(金)  科学あそび@西国立保育園


 

  立川市にある西国立保育園で、「くうき」に関する科学あそびを開催しました。CAST初の保育園でのイベントでした!

  最初の導入は、保育士さんによる「くうき」に関する絵本の読み聞かせ。その後、ストロー吹き矢、プラコップ空気砲、発泡スチロール飛行機を自分たちで作って遊んでもらいました。

  絵本の読み聞かせを惹きつけに利用するなど初めての試みが多い出張授業でしたが、CASTのお兄さんたちも保育園児の元気さにパワーをもらいました!

  ストロー吹き矢あそび

 

  2012年1月15日(日)  読売新聞イベント@八千代市


  ペットボトルロケット

 

  読売新聞様のイベントとして、千葉県八千代市の小学校で実験教室を行いました。
  最初は静電気の実験ショーを行い、シャボン玉を静電気で動かす実験や静電気をためるコップの工作などで静電気について学んでもらいました。
  後半はガラっと変わってロケットの実験。モデルロケットやじゃがいも砲などを飛ばしてロケットの仕組みを解説、その後水と空気の力で飛ぶペットボトルロケットを工作し、みんなで飛ばしました。

  

  2012年1月12日(木)  目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 

テーマ;食べ物のふしぎ・料理のふしぎ
  新年になって、駒場小学校出張理科教室でのCASTのメンバーが1年生に代わりました!中高学年が対象で、ちょっと少なめの約15人の参加でした。卵や牛乳にアルコールや酢を入れてまぜて、料理(もどき)を作る実験などをしました。
  最後のカルメ焼きを作る実験は、当日はうまくできた人は少なかったけど、お家でもぜひチャレンジしてほしいなと思います。

                           

  2011年12月18日(日)  読売新聞イベント@柏市


 

  CASTは2012年読売新聞様と協力して、千葉県西部の各地で多数のイベントを開催する予定です!今回はその一回目として柏の読売新聞販売所でイベントを行いました。
  午前中は屋内でスーパーボール作り。自分だけの色の、自分だけの形のスーパーボールが作れるのでみんな喜んでいました。
  午後は外での実験ショー。迫力のある実験を多数行いました。水素と酸素の燃焼の力を体感する実験がとても好評でした。

                           

  2011年12月17日(土) 品川区立立会小学校 出張理科教室


  やさいに秘められたパワー!?

テーマ;やさいのヒミツ!
  今回は全学年から募集した親子30組を対象に、私たちが毎日食べている「やさい」についての理科教室を行いました。
  ナスからカラフルに色が変わる液体を取り出してみたり、ブロッコリーのDNAを肉眼で見てみたり、最後にはレモンの力で巨大な風船を割ったり・・・二時間にわたる長めの理科教室ということで、盛りだくさんの内容となりました。「やさい」が持つ隠されたパワーに、子供たちもびっくりしたようです。

  2011年12月13日(火) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


テーマ;低温の世界を見てみよう!

  今年最後の駒場小学校での理科教室!低学年対象の液体窒素を使った実験教室で、約50人の参加でした。前回同様いろいろなものを凍らせましたが、酸素の液体によって線香が激しく燃える実験にはみんな驚いていました。

  来年から駒場小学校出張理科教室の担当が、CASTの1年生に変わります。さらに楽しい実験教室を期待しています!

  花を凍らす実験2

  2011年12月10日(土) 国立市駄菓子屋「くにちゃん」 出張理科教室


  百人おどし

テーマ;静電気を体験しよう!

  駄菓子屋「くにちゃん」にお招きいただき国立市で出張理科授業を行いました。

  厄介者あつかいされがちな静電気。その静電気を使った楽しい実験を行いました。百人おどしで静電気を体験したり、バンデグラフを使って小惑星探査機「はやぶさ」の原理を学んでもらいました。

  2011年12月 6日(火) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


テーマ;低温の世界を見てみよう!

  今回の理科教室は中・高学年対象で、液体窒素を使った理科教室でした。液体窒素を使って、いろいろなものを凍らせましたが、ゴムボールと花を凍らす実験が人気でした。

  液体窒素でものが冷える理由を説明しましたが、それに関連したお土産として冬にうれしいエコカイロを配りました。

  液体窒素は東京大学大学院総合文化研究科の前田研究室から頂きました。

  花を凍らす実験

 

 

 

  2011年12月3日(土) 市川市市川こども館 出張理科教室


  スーパーボール作り

 テーマ;自分だけのスーパーボールをつくろう

 市川こども館ではじめて出張理科教室を開きました。はじめての場所でしたが子供たちの反応もよく手ごたえを感じました。

 スーパーボールにまつわるいろいろな実験の後、最後のスーパーボール作りでは、自分で色を作ることにチャレンジ。みな楽しそうに色素を調合していました。1回目はうまくできなかった子も2回目にはちゃんとスーパーボールを作れていました。

 

 2011年11月25日(金)〜27日(日) 2011年度東京大学駒場祭企画
なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場


 東京大学の学園祭「駒場祭」、CASTは来場者の投票による駒場祭グランプリで見事「学術文化部門第一位」となりました!

 昨年の2倍の広さの会場にもかかわらず、超満員の人気企画。 無料配布のパンフレットもあっという間になくなってしまいました。

 ブースは「洗剤の秘密のチカラ!表面張力ってなんだ?」「見てみよう!動きつづける地球のしぜん」「ビリビリッ!第4の状態“プラズマ”の科学」の3つ。絶え間なく観客が訪れメンバーにとってはうれしい悲鳴でした。

 サイエンスミュージアム入口

 プラズマの実験

 また、屋内で音と静電気をテーマにした2つのショーをおこないました。これもお父さんが肩車しなければ観れないほどの人気っぷりでした。

 累計6000人ほどのお客様にご来場いただきました。 CASTの科学はうまく伝えられたでしょうか。

 次回のサイエンスミュージアムは、東京大学の学園祭「五月祭」(2012年5月19日、20日)です。ご来場お待ちしております!

ご協賛企業様のご紹介

多くの企業様のご協賛のおかげで、本企画を開催することができました。

感謝の気持ちを込めてここにご紹介します。

 

(株)構造計画研究所  (株)レイズアイ

 

(株)アーテック  (株)NSC 新日本通商(株) (株)Z会

社会福祉法人聖愛学舎西国立保育園 レボックス(株)

 

(株)東芝 (株)ナリカ (株)ユーグレナ

 

(株)アルファ企画 (株)オプトハイテック プラズマファクトリー(株)

 

 

 

 

 2011年11月18日(金) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 偏光板無しディスプレイ

テーマ;くるくるキラキラにじ色スコープをつくろう

 今回は、前回と同じテーマで低学年対象で行いました。参加人数は約60人で、にぎやかな理科教室となりました。

 低学年の子供たちは最初から最後まで、現れたり消えたりする光や色の不思議さに純粋に驚いていました。 やっぱり一番人気は、偏光板を1枚取り除いた液晶ディスプレイの実験。みんな真剣に見入っていました。

  

 

 2011年11月12日(土) さいたま市立植竹小学校 サイエンスショー


 さいたま市立植竹小学校で、空気や飛ぶものをテーマにサイエンスショーを行いました。 参加人数は約150人で、巨大風船や空気砲、アルコールロケットなどの実験が人気でした。 お土産として、発泡スチロール飛ばしの実験キットも配布しました。

  

 

 2011年11月8日(火) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


テーマ;くるくるキラキラにじ色スコープをつくろう

 今回は、ふしぎな黒いシート偏光板を使った「偏光」と「旋光」についての理科教室でした。

 偏光板をとおして、机・パソコンの画面・プラスチック・ビー玉・砂糖水などいろいろなものを見ました。最後の偏光板をはがした液晶ディスプレイの実験には、子供たちもびっくり!

 実験が終わった後は、偏光板とセロテープを使ったにじいろスコープづくり。みんな上手につくれていました。子供たちは、きれいなものがいっぱい見れてとても楽しんでいました。

 くるくるキラキラにじ色スコープ

 

 

 2011年11月1日(火) 埼玉県富士見市立諏訪小サイエンスショー


空気砲の実験 煙の輪がみえますか?

 埼玉県の小学校でサイエンスショーを行いました。

 テーマは空気。空気を見る実験や重さを確かめる実験をして空気についてわかってもらうショーでした。

 また紙飛行機は空気があるから飛ぶという話をして、紙飛行機と同じ原理で遠くまで飛ぶアルソミトラの種も紹介しました。

  

 

 2011年10月29日(土) 市川市南新浜小学校「すずがも祭」 出張理科教室


テーマ;野菜でお絵かき〜アントシアニンを抽出しよう!

 南新浜小学校のすずがも祭にお邪魔し、実験教室を開きました。

 紫色の野菜の色素を取り出す実験を題材に、酸と塩基について解説しました。また、この色素を利用したお絵かきもしました。

ナスの紫色の液が、ピンク・緑・黄色といった鮮やか色に変化するいかにも化学実験っぽい(?)実験を楽しんでもらいました。

 実験風景

 

 

 2011年10月29日(土) UT‐Festival


 ut-festival

 東京大学の卒業生を対象に開かれたホームカミング・デイ。 そのなかのUT-Festival親子向け企画「のびのびひろば」にCASTも協力してきました。 来てくれたのはほとんどが就学前のこどもたち、やっぱり解説は難しかったみたい。 でも、光るスライムや偏光板スコープでたくさん楽しんでもらいました。

  

 

 2011年10月25日(火)  目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 テーマ:とぶもののふしぎ

 今回は低学年対象で、前回と同じテーマの理科教室でした。

 教室の最後では、自分でつくった発泡スチロール飛行機を一人一人飛ばしてお披露目。 みんな前回の上級生に負けないぐらいによく飛んでいました。

 また、10月から駒場小学校ではCASTのマスコットキャラクターCASTON君による「わくわく理科新聞」が始まりました!子供たちのアンケートに答えます。

ペットボトルロケット。赤いとこまで飛びました!

発泡スチロール飛行機

 おみやげ

 

 

 2011年10月18日(火)  目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 テーマ:とぶもののふしぎ

 中・高学年対象で、体育館を使っての広々とした理科教室。 紙飛行機、パラシュート、ロケットなどが飛ぶ仕組みを実験を交えて説明しました。中でも、ロケットが飛ぶ仕組みのペットボトル水ロケットの実験と燃料爆発の実験は迫力もあって大人気。児童達から、アンコールの声が湧き上がりました。

 演示実験が終わった後は、実際に自分の手で発泡スチロールの板と長い風船を飛ばす実験。 板がよく飛ぶように、おもりの数や位置を変えたりなど、みんな試行錯誤していました。

 ものが飛ぶ仕組みについてよくわかったかな? 

 

 

  2011年10月 4日(火) さいたま市立大砂土小学校サイエンスショー


巨大プール空気砲

  去年に引き続き今年も、「空の色と空気」にまつわる楽しいサイエンスショーを、さいたま市立大砂土小学校の3年生の学年活動で行いました。

 親子400人強が対象で派手な実験も多く、子供たちも楽しそうでした。 一番人気だったのが、プールを重ねて作った巨大空気砲。煙が白い輪の形になるのが綺麗に見えました

 

 

 2011年9月27日(火) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 テーマ:シャボン玉のふしぎ

 

 今回は、低学年対象で前回と同じテーマの理科教室を行いました。 人数は約50人で、2教室で同時開催となりました。

 

 表面張力の実験

 シャボン玉の壁

 シャボン玉ができる仕組みは少し難しかったけれど、シャボン玉遊びや実験には夢中の低学年。

 水の入ったコップにふたをして逆さまにしても、ふたが落ちないという逆さコップの実験が大好評でした。

 

 

 2011年9月24日(土)

化学実験をしよう!「時計反応実験」 @目黒区青少年プラザ「実験クラブ」


 目黒区が主催する実験クラブで中学生を対象として化学実験を行いました。

 生徒たちがチャレンジしたのは「時計反応」。透明な溶液が、時間が経つとさっと色を変える面白い反応です。

 生徒たちは、薬品の配合を変えるなどすると反応にどう変化が現れるかを、試行錯誤しながら調べていました。

演示実験

  

 

 2011年9月17日(土)、18日(日)

宇宙開発フォーラム2011 にCASTのポスターが展示されました!


 東京大学本郷キャンパスの武田ホールで開催された宇宙開発フォーラム2011にCASTのポスターが展示されました。

 宇宙開発フォーラムでは、 宇宙工学系、社会科学系の機関、学生団体のポスター展示や、宇宙開発に関する講演会などが行われました。 CASTのメンバーもポスターセッションに参加してきました!

 

 

 2011年 9月16日(金) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 超撥水

 テーマ:シャボン玉のふしぎ

 夏休みを挟んで、久しぶりの駒場小学校理科教室。今回は中・高学年対象でした。

 まず始めに、水の力「表面張力」を簡単な実験で紹介しました。 その後、表面張力が洗剤やセッケンで弱まることを実験で見せて、 シャボン玉ができる仕組みを説明しました。

 説明が終わった後は、お外に出てシャボン玉遊びの時間。 割れにくいシャボン液を使ったシャボン玉の中に入る実験や、 たくさんのシャボン玉を飛ばす実験に子供たちは大はしゃぎ。

 CASTのお兄さん達も大変でしたが、楽しい理科教室となりました。

  

 

 2011年9月11日(日)

青少年のための科学の祭典@東京大会 お手伝い出演!


 CASTの設立のきっかけとなった東京大学のゼミ「心を動かす表現法」(CASTのアドバイザー滝川洋二先生指導) が「青少年のための科学の祭典@東京大会」にてサイエンスショーを上演しました。

 CASTメンバーもゼミの受講生やお手伝いとして、そのサイエンスショーに出演しました!

ロゴ

燃料電池自動車

 サイエンスショーのタイトルは、「ECO CITY 〜きみも考えよう、地球の未来〜」。
 「中学生の主人公の街に建設が計画されたECOCITY(エコシティ)。 冒頭の実験を交えた記者会見を聞くと、環境にとても良い素晴らしい都市のように思えます。
 しかし、主人公が自由研究として調べていくうちに、ECOCITYの新たな側面が見えてくる…」
というストーリー仕立てのサイエンスショーでした。

 3月にあった震災の際に痛感した、情報を正しく判断することの大切さを伝えるために、 ゼミで4月から制作に取り組んできました。
 内容は高度でしたが、実験については面白い実験がいっぱいで子供たちも楽しんでくれたようでした。

 会場

 

 

 2011年 9月10日(土) 

「線香花火を作ろう!」@目黒区青少年プラザ「実験クラブ」


 目黒区実験クラブでの理科教室。CAST担当の2回目となる今回は黒色火薬をいちから作り、その火薬を使って線香花火を作る実験を行いました。

化学の実験自体初めてという子も多く、 始めは薬品を測るのもおっかなびっくりでしたが、終わる頃には子供たち自ら、もっとうまくいく花火を作れないかと試行錯誤していました。

目黒区花火実験風景  

 

 

 2011年8月27日(土)

東大生CASTと行く・なるほど実感!科学のおもしろバス教室 (4回目) 


最後の回となる4回目のバスツアー。今回は2学期制の学校では夏休みが終わっているという事情もあってのことか、前よりも少なめの人数で運行しました。

ですがその分、野菜収穫や実験教室をいつもより密度濃くできたのではないかと思います。

今回のバスツアー企画は、ツアーの企画側というCASTが今までやったことのないものでした。その分、私たちとしても得るものが多い企画でした。

今後も初めての企画に物怖じすることなく、どんどんチャレンジしていきたいと思います。

 

2011年8月25日(木) 昭島市児童センター 出張理科教室


2011年8月25日(木) 昭島市児童センター 出張理科教室

 昨年に続き、「昭島市児童センターぱれっと」で行われた「科学あそび」に出展してきました。

 小学校低学年を中心に200人程度の来場がありました。ブース形式と、一部工作も交え「消えるボール」や「電球を見分ける実験」「時計反応」などの実験をを行い、どれも好評でした。昨年もきて、実験を覚えてくれていた子供もいました。

 子どもたちがみな目を輝かせて興味津々といった感じで、実験を見てくれていたのが印象的でした。

  

 

 2011年8月21日(日)

東大生CASTと行く・なるほど実感!科学のおもしろバス教室 (3回目) 


 3回目となるバスツアー当日は、あいにくの雨。

 残念ながら野菜の収穫体験はできませんでしたが、その分実験教室はとても盛り上がりました。 最後の実験に失敗するなどのハプニングもありましたが、楽しい一日を過ごせてもらえたことと思います。

 

2011年8月16日(火)

東大生CASTと行く・なるほど実感!科学のおもしろバス教室 (2回目) 


 2回目のバスツアー。今回からは予定通りバス一台での運行でした。

 CAST側も前回とメンバーが全員違うため不慣れなところもありましたが、野菜収穫、実験教室ともすべて予定通り成功しました。

 今回のバスツアーは夏休みの自由研究にも役立つように企画したものでした。実際に自由研究にしてくださった方がいればうれしいものです。

東大生CASTと行く・なるほど実感!科学のおもしろバス教室(2回目)

 

 2011年 8月7日(日) 駒込親子理科教室

これで夏休みの研究課題もばっちり!! 自分だけの「電池」を作ろう。


2011年8月7日(日) 駒込親子理科教室"

 駒込駅前にある駒込文化創造館にて親子対象の理科実験教室を行いました。

 テーマは「自分だけの化学電池」。

 いろいろな金属板と自分たちで持ち寄った「飲み物」を使って、どんな組み合わせでLEDが光るのか熱心に調べました。

 納得のいく「my電池」はできたかな?

 

2011年8月5日(金)

東大生CASTと行く・なるほど実感!科学のおもしろバス教室 (1回目)


 この夏CASTの一押しイベント、バスツアーの初回は、バス2台で60名以上の方に参加いただきました。

 現地では、自分たちで収穫した野菜を使って実験を行いました。目の前で起こる鮮やかな変化に参加者の皆さんも大喜び。

 バスでの移動中もいくつか実験を行い、帰り道での質問コーナーもとても盛り上がりました。

 夏休み中に残り3回企画しているので、興味をもたれた方はぜひぜひご参加ください!

2011年8月5日(金) 東大生CASTと行く・なるほど実感!科学のおもしろバス教室(1回目)

 

 

 2011年 7月30日(土) サイエンスショー@馬込第三小学校


2011年7月30日(土) サイエンスショー@馬込第三小学校

 大田区馬込第三小学校の毎年恒例行事であるサマーフェスタにおいてサイエンスショーを上演しました。

 今回のサイエンスショーは、なんと実験対決ショー! CASTの中で2チームに分けて、どちらのチームがより楽しく科学を伝えられるかを競いました。 もちろんジャッジは、参加した小学生です。天候が危ぶまれる中、外での開催でしたが、100人以上の子供たちが見に来てくれました。

 派手な実験がいっぱいで、子供達は真剣に見入ってました。 特に直径約1.5mの大きな風船を手とハッカ油でわる実験や、ペットボトル水ロケットの実験が好評でした。 お家でもできる実験もあり、大人の人といっしょにチャレンジしてほしいです。

 また、お土産として配った尿素とホウ砂と洗濯のりを混ぜてできる冷たいスライムも大人気でした。

2011年7月30日(土) サイエンスショー@馬込第三小学校

 

2011年7月15日(金) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 テーマ:自分だけのスーパーボールをつくろう!

 7月の 理科教室は、前回と同様に身の回りにあふれるゴム製品とその性質を実験を通して学んでもらいました。 今回は、低学年対象で開催しました。

 今回も参加人数が多く、2教室同時開催となりました。

 参加した児童はみんな、生ゴム樹液のラテックスからつくった色付きスーパーボールに満足した様子でした。

  

 

 2011年 6月23日(木) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


2011年6月23日(木) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室 参加児童感想

 テーマ:自分だけのスーパーボールをつくろう!

 6月2回目の理科教室は中高学年対象で、参加人数はなんと約80人!2教室に分けて同時開催することとなりました。

 今回の題材はゴム。身の回りにあふれるゴム製品とその性質を実験を通して学んでもらいました。ハッカ油やレモンの皮でゴム風船を割る実験は特に楽しんでくれたようでした。

 最後には、生ゴム樹液のラテックスから色付きスーパーボールをつくってもらいました。作り終わったあと、男の子は大はしゃぎで自分のつくったスーパーボールで遊んでいました。

 

2011年6月18日(土)
「電磁力の体験〜1円玉を打ち上げてみよう〜」 @目黒区青少年プラザ「実験クラブ」


 目黒区青少年プラザの実験クラブで中学生を相手に工作教室を行いました!

 作ったのは電磁力で一円玉を飛ばす「一円玉打ち上げ機」。使い捨てカメラの基盤を利用した電子工作にチャレンジしました。

 工作自体は少し難しかったようですが、初めて電子工作をする生徒も多く、ハンダ付けなどを楽しんで行っていました。

 

 

 

 2011年 6月17日(金) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 テーマ:磁石をのみこむスライム!?

  1年生にとっては初めての理科教室!低学年対象で、参加人数はなんと50人越えでした。

 今回の理科教室では、何が磁石にくっつくか・くっつかないかをみんなに当ててもらいながら、身の回りにどのように磁石が使われているかを伝えました。

 ビデオテープやきっぷが磁石にくっつくのは知ってる子もいましたが、絵が書いてある紙に磁石がくっつくのはみんなびっくり!実は、磁石にくっつく茶色や灰色の絵の具で絵が書いてありました。

 最後にはお土産として、スライムに黒さびの鉄粉をまぜて、「磁石をのみこむスライム」を作ってもらいました。スライムの固さはいろいろでしたが、どのスライムもしっかりと磁石にくっついていました!

 

 

 2011年 6月5日(日)
サイエンスショー「空のふしぎ!?空気のふしぎ!?」@一橋大学KODAIRA祭


 一橋大学の学園祭「KODAIRA祭」で実行委員会企画としてサイエンスショーを行いました!

 テーマは空と空気。空ってなんで青いんだろう?空気ってどういうものだろう?という疑問を、色々な実験をまじえつつ説明しました。

 空気砲と巨大風船の実験が特に好評で、ショーが終わったあとも空気砲を撃ったり巨大風船を叩いてみたりと大はしゃぎで遊んでいました!

  

 

 2011年 6月2日(木) 星と風のサロン@星と風のカフェ(三鷹市)


  毎週木曜日の夜になると、三鷹市にある星と風のカフェでサイエンスカフェ「星と風のサロン」が開かれます。

  昨年に引き続き、今年もCASTがゲストスピーカーとして招かれました!!

  CASTの今までの活動を実験を交えて紹介しながら、大学生サークルとしてのサイエンスコミュニケーション活動の特徴をお伝えしました

 

2011年5月28日(土)・29(日) 2011年度東京大学五月祭企画
なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷


 東京大学の学園祭「五月祭」に、CASTは今年も企画を出展しました!

 今年はこれまで通りの屋内ブース企画に加え、屋外でのショーも行いました。

 屋内企画のテーマは「家」。リビングブース、キッチンブース、バスブースの3つに分けて、3Dテレビの実験や、ヨウ素デンプン反応とビタミンを使った実験、水が重力に逆らって流れるように見えるサイホンの実験などを紹介しました。

屋外ショーでは、屋内ではできないような実験をお見せしました。爆発の起こる実験、多くの水を使う実験、大きな音の出る実験など派手な実験を行い、お客さんにも好評でした。

 当日は大変な大雨となってしまいましたが、それでも屋内企画では約2800人の多くのお客さんにご来場いただけました。

 次回は、東京大学の学園祭「駒場祭」(2011年11月25日、26日、27日)にて、企画を出展いたします!是非ご来場ください!

 

ご協賛企業様のご紹介

多くの企業様のご協賛のおかげで、本企画を開催することができました。

感謝の気持ちを込めてここにご紹介します。

 

(株)構造計画研究所

 

(株)アーテック  (株)朝日新聞社 新日本通商(株)

社会福祉法人聖愛学舎西国立保育園 (株)リバネス

 

学研科学創造研究所 (株)共立理化学研究所 (株)東芝

 

(株)むさしの手配センター (株)アルファ企画

 

 

 2011年 5月17日(火) 目黒区立駒場小学校 出張理科教室


 テーマ:デンプンってなあに??

 

 2011年度最初の理科教室!

 デンプンは、私達がふだんよく食べるお米、パン、うどんの中に含まれています。そんな身近なデンプンについて、中・高学年を対象に出張授業を行いました。

 ヨウ素が入ってるうがい薬をつけてデンプンの有無を調べる実験では、身近な食べ物や糊が真っ黒になって、子供達は大興奮でした。

 今回は東京大学新聞さんの取材も入りました! 

 

 

 2011年 4月23日(土) 第2回新歓実験大会


  2回目の新歓実験大会。1回目より少し派手目な実験を用意しました。場所が会議室ということでホワイトボードがあったので、それを使って原理説明したりしました。CASTでの経験を通してメンバーの説明の腕も上がってきたかな?

  休み時間には、それまでに披露した実験を上級生も新入生も一緒になってわいわい楽しんだり、とてもいい雰囲気でした。イベントに来てくれた全員がCASTに入ってくれたらいいなあ。

  

 

 2011年 4月11日(月) ガリレオ工房滝川先生によるサイエンスカフェ


  ガリレオ工房の滝川洋二先生に駒場キャンパス生協食堂3階でサイエンスカフェを行っていただきました。

  興味深い実験を披露していただき、また、日本の科学のこれからについて先生のお考えを伺いました。来場してくれた方も、みな熱心に耳を傾けていました。

 

 

 

 2011年 4月10日(日) 第1回新歓実験大会


  待ちに待った新入生歓迎のための実験大会。予想以上に来てくれたので、部屋にみんな入れるかどうか少し焦りました。

  CAST自慢の実験とその後にはお食事会。楽しんでもらえたかな〜。

 

2012年度

 

2010年度

 

 

 

トップへ戻る

 

 

 


 

Last up date: 2015. 5. 11   サイトマップ   このサイトについて   CASTってなに?どこで会えるの?どんなことをしてるの?科学の実験・お話お問い合わせ 

 

Copyright 2009- The University of Tokyo Science Communication Circle CAST All rights reserved.