東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST

CASTってなに?   どこで会えるの?   どんなことをしてるの?

 

科学の実験・お話    お問い合わせ

 

 サイトマップ このサイトについて

 


 

 

トップページどこで会えるの?(イベント情報)>これまでにしたこと

これまでにしたこと

 

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

 

 

  2017年 7月 16日(日) 玉川高島屋キッズテラス実験教室


気圧差でスチロール球を吸い上げる

世田谷区にある玉川高島屋にて実験教室を行ってきました。

今回のテーマは『空気のふしぎ』ということで空気の重さや圧力を体感してもらう実験や、空気の不思議な性質を実感してもらう実験を行いました。また、振り子とホバークラフトの工作を皆さんに作ってもらいました。

この実験教室を通じて、私たちの身近にある空気の引き起こす現象や、さらには身の回りの色々な現象に興味を持ってもらえると嬉しいです。

 

 

  2017年 7月 15日(土) 富士中実験教室7月回


都立富士高等学校附属中学校にて実験教室を行ってきました。

今回のテーマは『状態変化・相転移』ということで、様々なものを、気体から液体に、液体から固体に、固体から液体にと変化させました。少し難しいテーマでしたが、温度や力で実際に体感するなどして、経験的に理解していただけたのではないでしょうか。

写真は圧力をうまく使って氷の中に糸を埋め込んだ氷です。どのようにしたらこのような氷が作れるのでしょうか。

圧力で氷に糸を通す

 

 

  2017年 7月 15日(土) ダ・ビンチサイエンス教室


日時計工作

7月のダ・ビンチサイエンス教室では、『宇宙』をテーマに実験教室を行いました。

今回は、太陽と地球と月の位置関係に触れながら、太陽と月が季節や時間を知るための手がかりとなったことを学びました。工作では、手作りの日時計を作り、夏空のもとで観察実験も行いました。

これから始まる夏休みの自由研究にも使ってくれると嬉しいです!

 

 

  2017年 7月 8日(土) 7月東芝未来科学館実験教室


東芝未来科学館で『通信』をテーマにした実験教室を行いました。

通信を使った機器は身の回りに沢山ありますが、そのような通信について様々な実験を通して体験することができました。工作ではスピーカーに使われている圧電素子を利用した糸電話を作りました。

家に帰っても、様々な通信について考えてほしいなと思います。

圧電素子を使った紙コップ電話

 

 

  2017年 7月 8日(土) なかがわ科学塾


作用反作用で回転するコップ

葛飾区にある小中学校連携事業「なかがわ科学塾」にて、『身近に潜む回転の科学』ということでサイエンスショーを行ってきました。

ものが回る理由や、ものが回ったら何が起こるかについて、様々な実験をみんなでしてきました。

回転というと少し難しく聞こえますが、回転は身の回りで上手にたくさん使われていることや、その身近さを感じてもらえていれば嬉しいです。

 

 

  2017年 7月 2日(日) 第2回白猫ラボ実験教室


杉並区にある杉並会館にて、今年度二回目の白猫ラボ実験教室を行いました。

今回は『レンズ』をテーマに、凸レンズを通すとものが大きく見える仕組みを説明したり、レンズを使ったカメラや顕微鏡の工作をしたり、空気で作ったレンズやペラペラのレンズなど少し変わったレンズの観察を行ってもらったりしました。

レンズについてより興味をもってもらえる内容になったと思います。

カメラオブスキュラ工作

 

 

  2017年 7月 1日(土) 科学あそび


光の三原色で好きな色を作る

準備中...

 

 

  2017年 6月 30日(金) かがくあそび@西国立保育園


今年度1回目となる西国立保育園での「かがくあそび」は、『磁石』を使っていろいろな実験を試してもらいました。

「磁石つりぼり」のコーナーではみなさんが作ったお魚で楽しく遊ぶことができました。砂鉄スライムのコーナーや電磁石のショーなど、少し難しいお話にも興味を持って考えてくれました。

身近にある磁石を通じて、これから「かがく」について考えるきっかけになればと思います。

 

 

  2017年 6月 26日(月) 荒川区瑞光小学校科学実験クラブ実験教室


電磁誘導を使った工作

『電気と磁石』というテーマで、電気が流れるとコイルが磁石になるということ、逆に磁石を動かすとコイルに電流が流れるということを、実験を通して見てもらいました。

そのあと、「振る発電」工作を行い、自分たちの手を動かしてもらいながら電気と磁石の不思議な関係を体験してもらいました。

 

 

  2017年 6月 25日(日) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@柏


千葉県柏市の小学校にて『浮く』というテーマについての実験教室を行ってきました。

空気の力や密度の違いによってものが浮くという現象を見てもらったり、実際に浮くものを工作で作ってもらったりしながら、一体どういう仕組みでそのものが浮かんでいるのかということを説明しました。

子どもたちは工作で何度も何度も遊んでくれていていました。

ヘリウムで浮かぶ風船

 

 

  2017年 6月 24日(土) 富士中実験教室


周期を変えることのできる振り子

東京都立富士高等学校附属中学校にて、『ゆれると波』というテーマで実験教室を行いました。

振り子の周期と長さの関係を実際に計測して見つけてもらったり、音の干渉を実際に体感してもらったりしました。

みんな積極的に取り組んでくれていたのが印象的でした。

 

 

  2017年 6月 24日(土) 玉川サイエンスクラブ実験教室


世田谷区立玉川小学校で、『鏡』をテーマにした実験教室を行ってきました。

光を何回も跳ね返して目的の場所まで届けたり、潜望鏡工作をしたりと、鏡を使って光を操る体験をしてもらいました。その後、ハーフミラーという特殊な鏡を使って手品のように文字が浮かび上がる工作を行いました。

世の中には鏡の色々な使い方があるということを学んでもらえれば幸いです。

光の反射を使った的当てゲーム

 

 

  2017年 6月 17日(土) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@八千代


水と塩水の浮力の違い

八千代市にある小板橋公会堂にて、『浮く』をテーマにした実験教室を行いました。

風の力を使って浮くおもちゃの工作をしたり、空気をあたためることで浮く気球の実験をしたりしました。

身近に潜む「浮く」科学について、楽しく実感してもらえていたら嬉しいです。

 

 

  2017年 6月 17日(土) 日本出版販売株式会社紀伊国屋書店ららぽーと豊洲店


江東区の紀伊國屋書店ららぽーと豊洲店にて、『空気』をテーマにした実験教室をしてきました。

風船を使って気圧や断熱圧縮を感じてもらったり、雲のでき方を実験で見たり、空気砲を作ってもらって空気の流れを感じてもらったりしました。

様々な実験を通して、身の回りにある空気のふしぎを感じてもらえていたら嬉しいです。

大気圧でコップを持ち上げる

 

 

  2017年 6月 4日(日) 第1回白猫ラボ実験教室


凝固点降下を使って氷を釣る

西荻窪勤労福祉会館にて、今年度1回目の白猫ラボ実験教室を行いました。

『くっつく』をテーマに、でんぷんのりやマジックテープ、継手、凝固点降下についての実験を行いました。

子どもたちに実際に触ってもらえる実験が多く、実感を持って分かってもらえたと思います。

 

 

  2017年 6月 3日(土) 世界が憧れるアカデミー主催実験教室


準備中...

CDで作る虹色

 

 

  2017年 5月 28日(日) 日本出版販売株式会社TSUTAYA坂戸八幡店実験教室


粒の振動で音を見る

埼玉県坂戸市にあるTSUTAYA坂戸八幡店にて実験教室をしてきました。今回のテーマは『目で見える!?音のふしぎ』ということで、普段は目に見えない音を目で見ることができる色々な実験をみんなで一緒にしました。

使ったのは風船や塩、紙コップなどの身近なものばかりですが、模様を描いたり、動き回ったりするものなどを見て、音の正体を実感できたのではないかと思います。

実験のために出した声も会場に響きわたり、大盛り上がりのイベントでした。

 

 

  2017年 5月 28日(日) ほっこり〜のプレゼンツ!ファミリーフェスタin川越ハウジングステージ


川越市の川越ハウジングステージにて、「ほっこり〜のプレゼンツ!ファミリーフェスタin川越ハウジングステージ」でサイエンスショーを行ってきました。

強い日差しの中でしたが、多くの親子連れの方々にお集まりいただき、『ジャイロ効果』に関する実験と空気砲の実験を行ってきました。

コマや自転車を見たときに、今回のショーや『ジャイロ効果』を思い出してもらえるといいなと思います。

巨大空気砲

 

 

  2017年 5月 27日(土) 柏市葉山町親子会サイエンスショー


千葉県柏市で『光』と『空気』についてのサイエンスショーを行ってきました。

様々な色の光や紫外線を使った綺麗な実験、空気砲などの実験を行ってきました。特に光の三原色を手元で組み合わせる実験では、会場全体が綺麗な色に包まれ、大盛り上がりでした。

 

 

  2017年 5月 20日(土),21日(日) 第90回五月祭 出展


東京大学の学園祭「五月祭」にて、今年も「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」「なるほど体感!サイエンスショー@本郷」を出展しました。

準備中...

分析ブース

乗り物ショー サイクロイド

工作 作用反作用で動く車

集合写真

ご協賛企業様のご紹介

多くの企業様にご協賛いただき、本企画を開催することができました。

感謝の気持ちを込めてここにご紹介いたします。

株式会社構造計画研究所

株式会社ダルトン

サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフサイエンスソリューションズ ライフテクノロジーズジャパン株式会社

株式会社ユーグレナ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社

一般社団法人千葉西部読売会

株式会社ジップアップ

社会福祉法人草萠学舎 西国立保育園

新日本通商株式会社

東罐興業株式会社  

株式会社ワオ・コーポレーション  テクトロニクス社

フェニックス観光株式会社  日本出版販売株式会社

一般社団法人 理系女子未来創造プロジェクト

株式会社少年写真新聞社  株式会社アルファ企画

学校法人河合塾

 

 

  2017年 5月 13日(土) 5月東芝未来科学館実験教室


念力振り子工作

5月13日に東芝未来科学館で『まわる』と『ゆれる』をテーマにした実験教室を行いました。

『まわる』ものと『ゆれる』ものは身の回りにたくさんあること、そして多くの実験を通してその秘密を学ぶことができました。

お家に帰っても実験をしてもらいたいです。

 

 

  2017年 5月 3日(水)-6日(土) 理科でドン!大運動会


5月3日から6日の4日間、川崎市の東芝未来科学館のGWイベント「理科でドン! 大運動会」で運動会にちなんだ3つの実験ブースを出展しました。

多くの方々にお越しいただいて、楽しみながら実験を体験していただくことができました。

磁石を使った野球盤

 

 

  2017年 5月 3日(水) 川口市立科学館わくわく屋台村


紙コップ吸盤

川口市立科学館での企画「わくわく屋台村」に出展し、「紙コップ吸盤」という工作を行いました。

200人近くもの子供たちに体験してもらい、子供たちが楽しそうに工作をしているのを見て、私たちもとても嬉しくなりました。

家に帰ってからも「紙コップ吸盤」で遊び、科学にさらに興味を持ってくれればいいなと思います。

 

 

  2017年 4月 23日(日) Tokyoふしぎ祭エンス2017


4月22,23日の2日間にわたって日本科学未来館で開催された「Tokyoふしぎ祭エンス2017」の2日目に、今年も出展しました!

今回は『マジック』をテーマにしたサイエンスショーを、主に小学校低学年の子供たちを対象に行いました。

マジシャンXから出された謎を、科学を用いてみんなで解き明かしていきました!

科学を使えば不思議な現象を解明することができるかもしれませんよ?

pHシャンパンタワー

 

 

  2017年 4月 22日(土) 第三回新歓実験大会


プリズムでできた虹

新入生にCASTが普段どのようなことをしているのかを紹介する「新歓実験大会」の3回目が行われました。

今回は『分解』をテーマにしたショーと『電磁気』をテーマにしたブースを披露しました。

1つのテーマに基づいていくつもの実験が登場するショーとブースに感激してもらえたと思います。

 

 

  2017年 4月 17日(月) 新歓サイエンスカフェ


滝川洋二先生をお招きして、新入生を対象としたサイエンスカフェを開きました。

滝川先生には「サイエンスコミュニケーションとはどのようなものか」をたくさんの実験を交えながらお話していただきました。

サイエンスコミュニケーションについて一層の興味を持ってくれるとうれしいです。

滝川洋二先生

 

 

  2017年 4月 15日(土) 富士中実験教室


力の分解

東京都立富士高等学校附属中学校にて、「力の合成分解」と「慣性」についての実験教室を行ってきました。

様々な方向から電線が張られている電柱をうまく立たせる実験や、くす玉を落とさずに割る実験など、身近な題材を用いた実験で楽しく理解していただけたのではないでしょうか。

 

 

  2017年 4月 15日(土) 第二回新歓実験大会


先週に引き続き、CASTに興味を持ってくれた人を対象とした「新歓実験大会」を行いました。

今回は、『空はなぜ青く見えるのか?』をテーマにしたショーと、バイオミメティクスなどを紹介する『植物』ブース、さらに『光』に関する工作を2つ行いました。

伝えたいことがどのようにしたら伝わるのか、より興味を持ってもらうにはどのような見せ方をしたらよいのかなど、サイエンスコミュニケーションの一端に触れてもらえたと思います。

 

 

  2017年 4月 9日(日) 第一回新歓実験大会


CASTの活動内容をよく知ってもらうために、CASTが普段行っている実験を新入生に披露する「新歓実験大会」を開催しました。

第一回の今回は『空気』をテーマにしたショーと『数学』をテーマにした実験教室、そしてその2つのテーマに関する工作を行いました。

強い風でものを浮かせる実験や空気砲といった目で見て楽しめる実験から、数学の図形の知識を使った少し考えるような実験まで、様々な種類の実験に新入生の方々にも楽しんでいただけたようです。

 

 

  2017年 3月 31日(金), 4月 1日(土) サークルオリエンテーション


駒場キャンパスの一角にブースを設け、訪れた方々にCASTの活動に関する説明をしました。偏向板を用いた簡単な実験なども交えて、和気藹々と話を弾ませていました。

新入生歓迎イベントはここからが本番です!これからもどうぞお楽しみに!

 

 

  2017年 3月 29日(水),30日(木) テント列


CASTという団体を知ってもらうために、東京大学のサークルや部活全体で行なっている新入生向けの新歓企画の一つ、テント列に参加してきました。

文科理科共に多くの人にお越しいただき、CASTという団体。そしてサイエンスコミュニケーション活動について、新入生の方々に少しでも知っていただけたのではないかと思います。

 

 

 

 

2016年度

 

 

 

トップへ戻る

 

 

 


 

Last up date: 2017. 09. 09  サイトマップ   このサイトについて   CASTってなに?どこで会えるの?どんなことをしてるの?科学の実験・お話お問い合わせ 

 

Copyright 2009- The University of Tokyo Science Communication Circle CAST All rights reserved.