東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST

CASTってなに?   どこで会えるの?   どんなことをしてるの?

 

科学の実験・お話    お問い合わせ

 

 サイトマップ このサイトについて

 


 

 

トップページどこで会えるの?(イベント情報)>これまでにしたこと

これまでにしたこと

 

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

 

 

  2017年 9月 30日(土) ふれあいまつり2017


コアンダ効果で浮かぶ球

日高市にある日本標準統合物流センターで開かれた、ふれあいまつり2017の一部屋をお借りして、空気ショーや、そのほかカメラに関する工作、実験演示など、多くの実験を行ってきました。

非常に多くのお客様にご来場いただき、多くの子供たちに科学実験の面白さ、楽しさを伝えることができたのではないかと思っています。

 

 

  2017年 9月 30日(土) ダ・ビンチサイエンス教室


今月のダ・ビンチサイエンス教室では『植物』をテーマにした実験教室を行いました。

動物と植物の同じところや違うところ、それぞれの生物がどうやってエネルギーを得ているのかなどについて考えながら実験を進めていきました。最後は、画用紙で植物の種の模型を3種類作りました。

様々な生き物に興味を持ってもらえたらと思います。

動物と植物の同じところ違うところ

 

 

  2017年 9月 24日(日) 「青少年のための科学の祭典」東京大会in小金井


表皮効果で通信が阻害される

「青少年のために科学の祭典」東京大会in小金井に『スマートフォン』に関する実験ブースを出展しました。

タッチパネルやバイブレーションの模型を実際にお客様に触っていただいたり、トランシーバーをアルミホイルで包むと通信できなくなる様子をお見せしたりしました。

普段何気なく使っているスマートフォンの中に、科学がたくさん隠れているということをお伝えできたかと思います。

 

 

  2017年 9月 24日(日) てんしゃばフェスタ


東村山で行われたてんしゃばフェスタにてサイエンスショーを行ってきました。

1回目は『空気』を、2回目は『力/バランス』をテーマに様々な実験を行ってきました。実験をお客さんに手伝ってもらいながら実施したので盛り上がるショーとなりました。また、最後にはショーに関連する工作キットの配布を行いました。

お家などで作って「ここが不思議だな」と自分なりに考えながら遊んでもらえると良いかなと思います。

剣山を使って圧力の分散を確かめる

 

 

  2017年 9月 23日(土) 石巻遊楽館


準備中だ?

準備中...

 

 

  2017年 9月 22日(金) 浦安市立南小学校サイエンスショー


浦安市立南小学校にて『空気』に関するサイエンスショーと工作教室を行ってきました。

ショーでは空気砲やブロワーを使った実験をし、工作教室では空気のチカラが体感できるおもちゃを作りました。

身近な空気について楽しく学び、喜んでもらえたようでよかったです!

巨大空気砲

 

 

  2017年 9月 17日(日),18日(月) 福井あっとほうむ


準備中だ?

準備中...

 

 

  2017年 9月 16日(土) 富士中実験教室


準備中...

 

 

  2017年 9月 16日(土) 平成29年度荒川区中学校科学教育センター


瓶の中の空気を抜くと風船は膨らむ

荒川区教育センターにて中学生対象の実験教室を行ってきました。

みんなに結果や理由などを考えてもらいながら、『大気圧』に関する実験をたくさんやりました。

今日の実験教室を通して、科学をより親密に感じてもらって、普段から身近な現象を「なぜ?」と思う習慣をつけてもらえればと思います。

 

 

  2017年 9月 13日(水) 放課GO→あかばね


準備中...

ビー玉でできるプロジェクター

 

 

  2017年 9月 9日(土) 東芝未来科学館「まさつ」ってなんだろう〜おもちゃを作って考えよう〜


摩擦で進む登り人形

東芝未来科学館にて『摩擦』をテーマにした実験教室を行いました。

手をこすり合わせれば手が温まるというように、摩擦は私たちの生活の中でもとても身近な現象です。今回の実験教室では、実験と工作を通して摩擦の科学的な性質に迫りました。

工作では、摩擦を減らすことでスイスイと進むことができるホバークラフトというおもちゃと、タコ糸と紙との摩擦を利用して少しずつ進むことができる登り人形というおもちゃの二つを作り、摩擦についての理解を深めました。

 

 

  2017年 9月 9日(土) 荒川区立第三瑞光小学校親子学習会


東京都荒川区にある第三瑞光小にて親子学習会ということで『電磁気』をテーマにショーと工作を実施しました。

静電気を体感してもらったり、電気と磁石の関係について実験を通して学んでもらったりしました。プラズマボールに蛍光灯を当てると光ることや、コイルがつながっていないのに音楽が流れる遠隔送電に驚いていたようです。

全員が工作をうまく作ることができ、喜んでいる姿が印象的でした。

プラズマボールで蛍光灯が光る

 

 

  2017年 9月 9日(土) 大井第一小学校サイエンスショー


巨大空気砲

品川区大井第一小学校にて『空気』をテーマとしたサイエンスショーを実施しました。

はじめに巨大風船を触ってもらうことで空気にも重さがあることを理解してもらいました。次にブロワーを用いて物を浮かせ、浮くものとそうでないものの違いや、浮く理由を解説しました。最後は巨大空気砲の実験で子どもたちに楽しんでもらいました。

ショーの後はプラスチックのコップを用いた空気砲や、風車のようなコマを作りました。

 

 

  2017年 9月 8日(金)-14日(木) 富山遠征


準備中...

準備中だ?

 

 

  2017年 9月 5日(火)-7日(木) 一関市出前科学授業


巨大空気砲でプラコップタワーを倒す

準備中...

 

 

  2017年 9月 5日(火),12日(火) 駒場小学校実験教室


9月5日と12日に目黒区立駒場小学校にて『ヒトの身体の動かし方』をテーマに、筋肉、神経、重心に関する実験教室を行いました。

腕の筋肉を再現した模型で筋肉の様子を観察したり、重心を移動させることで航路を変えることのできるグライダーを作ったりしました。

普段はあまり意識しない体の仕組みに興味を持ってくれたら幸いです。

腕の筋肉の模型

 

 

  2017年 9月 3日(日) 第3回白猫ラボ実験教室


鏡の角度で像の数が変わる

杉並区役所勤労福祉会館にて『鏡』をテーマにした、今年度3回目となる白猫ラボ実験教室を行いました。

光の反射と像についての説明と潜望鏡の工作で鏡による光の反射を理解してもらった後、ハーフミラーという特別な鏡を使ってアニメーションや無限に続く回廊を見せたり、見える絵が切り替わる工作をしてもらったりしました。

身近な鏡のことをよく知って、興味が抱けるような実験教室になったと思います。

 

 

  2017年 9月 2日(土) サイエンスリンクin山形


山形大学小白川キャンパスで行われたサイエンスリンクin山形に参加してきました。

CASTは『通信』についてのブースを出展し、遠隔送電で音楽を送る実験や、光通信の実験をお見せしました。磁石の力と光を介して、離れた二点の間で音楽を伝えるということを、実際に実験を通して理解していただけたかと思います。

1年生も経験を積みました

 

 

  2017年 9月 2日(土) 伊藤小学校実験教室


吸水性ポリマーでできた「消えるボール」

伊藤小学校にて『光』『バイオミメティクス』『消えるボール』の3つのテーマで3教室に別れて実験教室を行いました。

虹や身の回りの生き物など身近なものがテーマとなるようにしましたが、この機会にお子さんには科学に興味を持ってもらい、保護者の方には親子関係を考えるきっかけとなるといいです。

 

 

  2017年 8月 30日(水) 科学あそびなのはな保育園


なのはな保育園にて5歳児を対象に科学あそびを行いました。

空気と関わりのある工作を2つ、「ミニ空気砲」と「マグヌスコップ」を作りました。作った作品を使って紙コップを倒してみたり、実際に飛ばしてみたりして遊びました。

空気という身近にあるのに目に見えないモノについて、少し知ることができたのではないかと思います。

マグヌス効果で飛ぶもの工作

 

 

  2017年 8月 29日(火) 和光小学校学童クラブ


準備中だ?

今回は和光小学校学童クラブで『プラスチック』についての実験教室を行ってきました!

身近ながらも意外とその正体を知らないプラスチックについて、みんな知ってもらえたらいいなと思います。

 

 

  2017年 8月 28日(月) ほっこり〜のパーティー


埼玉県川口市にある川口総合文化センターリリアで『空気』をテーマにサイエンスショーを行いました。

大きな風船に触って空気の重さを実感してもらったり、空気砲の風を感じてもらったりしました。

多くの方に楽しんでいただけたのではないかと思います。

ブロワーでボールを浮かせる

 

 

  2017年 8月 27日(日) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@八千代


缶の中の水を蒸発させて缶をつぶす

千葉県の八千代で『状態変化』をテーマに実験教室を実施しました。

氷やドライアイスを使った色々な実験を通して、ものが姿を変えていく様子を見ました。

初めて見る実験に、皆さんとても驚き、楽しんでくれたようでした。

 

 

  2017年 8月 26日(土) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@臼井


千葉県内の小学校で『まわる』をテーマにした実験教室を行ってきました。

風船の花や巨大な風船、ハンドスピナーやモーターなど、様々な『まわる』に関する実験を見てもらいながら、そこに隠れている科学を紹介しました。

実際に子供たちに実験をしてもらう場面では、楽しそうに何度も何度も実験を繰り返しながら様々な力とその効果を実感してくれたと思います。

ぶんぶんゴマ×ベンハムのコマ

 

 

  2017年 8月 26日(土),27日(日) サイエンスリンク2017ファンタスティックサイエンスショー


電磁誘導でテレパシーを再現

サイエンスリンク2017にて『SF』をテーマにしたサイエンスショーを行ってきました。

「空中浮遊」や「テレパシー」、「念力」などといったSFの中で登場するような超常現象を科学実験で再現しようというのが今回のショーのコンセプトでした。不思議な実験の数々に会場は大盛り上がりでした。

科学的なアイデアに基づいてSFが描かれたり、SFの中に登場するものが実際の科学技術で実現されたりと、SFは科学と深く関わりあっています。今回のサイエンスショーがきっかけとなりSFに興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

 

  2017年 8月 25日(金) 北区中央公園文化センター子ども講座


北区中央公園文化センターにて『ドライアイス』を使った実験教室を行いました。

ドライアイスを入れたエタノールにバラを入れることで凍ってバラバラになる実験や、紫いも液にドライアイスを入れることで色が変わる実験を行いました。

なかなか扱えないドライアイスでの実験を楽しんでもらえたと思います。

ドライアイスとエタノールの寒剤でバラを凍らせる

 

 

  2017年 8月 25日(金) 昭島かがくあそび


たくさんの方にお越しいただきました

東京都昭島市にある昭島児童センターぱれっとにて、昭島かがくあそびに参加してきました!

いろんなタイヤの車や、くるくる回る工作など、多くのブースを出しました。

様々なテーマのうち、何か一つでも面白い!と夢中になるようなものに出会えてもらえていれば嬉しいです。

 

 

  2017年 8月 24日(木) 港区エコプラザ


準備中...

準備中だ?

 

 

  2017年 8月 23日(水) 和光鶴川小学校学童クラブ


CDを使って虹を作る

町田市の和光鶴川小学校にて『光と空気』のサイエンスショーを行いました。

身近な光や空気に関する様々な実験を行った後、簡単な工作も一つ行いました。子供達はどの実験にも興味をもってたくさん発言してくれていました。

身近なものにひそむ科学に興味を持ってもらえたら幸いです。

 

 

  2017年 8月 23日(水) 上沖小学校放課後児童クラブ


春日部市の上沖小学校にて『空気』をテーマにした科学実験ショーと工作教室を行いました。

空気砲などを使ったダイナミックな実験の後、2種類の工作をしてもらいました。

自分で作った道具でたくさん遊んで、科学を身近に楽しんでもらえたら嬉しいです。

風は球体を回りこむ

 

 

  2017年 8月 22日(火) 子どものホスピスもみじの家


準備中だ?

準備中...

 

 

  2017年 8月 21日(月) ユニモちはら台キッズクラブ


千葉県市原市ユニモちはら台ショッピングセンターで『音』に関する実験教室を行ってきました。

前半に音が振動であることを身近な例で示した後、後半ではクント管の演示と「モール蛇工作」を行いました。

工作にみんな夢中になっており、楽しい時間を過ごしていただけたと思います。実験教室終了後もたくさんの子供たちがばね電話やレインボースプリングで遊んでくれたのが印象的でした。

クント管で音の波を見る

 

 

  2017年 8月 20日(日) 永山公民館夏休み小学生科学講座


大きなホールで巨大空気砲

多摩市立永山公民館で『空気と光のサイエンスショー』を行ってきました。

室内のホールで、光の3原色に関する実験や空気の力で物を浮かせる実験などを行いました。特に巨大空気砲は大人気で、打つたびに歓声が上がりました。

工作で小さな空気砲を作ったので、家でも遊んでもらいたいなと思います。

 

 

  2017年 8月 20日(日) 日高市立図書館サイエンスショー


日高市立図書館で『空気』をテーマにしたサイエンスショーを行ってきました。

ショーということで、巨大風船や巨大空気砲、風船を繋げて作った大きな風船の花など、普段では目にすることのできないような大きさの実験道具たちが並び、子どもたちの目が釘付けでした。

特に巨大空気砲が最も盛り上がり、子どもたちには満足していただけたと思います。

マグデブルグの半球

 

 

  2017年 8月 19日(土) 日本出版販売株式会社未来屋書店イオンモール日の出店サイエンスショー


縦型巨大空気砲

東京都西多摩郡日の出町にある未来屋書店イオンモール日の出店、吹き抜けスペースにてサイエンスショーを行ってきました!

『空気』をテーマとしたショーをしましたが、高さを生かして「パラシュート」「風船ロケット」や「縦型空気砲」などの新たな実験にも挑戦してきました!特に縦型空気砲は、5〜6階の高さまでリングが飛んでいき、とても大きな歓声が起こりました!

楽しく空気のあれこれを感じてくれていれば嬉しいです。

 

 

  2017年 8月 19日(土),22日(火) 東芝未来科学館ゲームで体験!計算の世界


東芝未来科学館にて『計算』をテーマにした実験教室を行ってきました。

普段の生活だけでなく、科学の研究の世界でなくてはならないのが『計算』です。

今回の実験教室は「一筆書き」や「ハノイの塔」などの数字が関わるゲームをたくさん盛り込んだのが特徴です。

みなさんが熱中してゲームに取り組んでいる様子がとても印象的でした。

一筆書きとハノイの塔

 

 

  2017年 8月 19日(土),20日(日) 三越伊勢丹府中店子どもフェスティバル2017東大生による実験教室


ハーフミラーで作る無限回廊

19日と20日の2日間、三越伊勢丹府中店子どもフェスティバル2017にて「東大生による実験教室」を開催してきました。

19日は『鍵や暗号の仕組み』、20日は『光や鏡の性質』について、実験や工作を通して理解を深めてもらいました。

工作や手を動かす活動が多かったこともあってか、みんな集中して取り組んでくれていました!

 

 

  2017年 8月 18日(金) アフタースクールさくら実験教室


神田の学童クラブ「アフタースクールさくら」にて、『変化』をテーマに電磁石・BTB溶液・ケミカルライトに関する3つのブースと六角返しの工作を行ってきました!

電磁石を使って魚釣りゲームをしてみたり、ケミカルライトを実際に折ってもらったりなど、子どもたちに実際に手を動かしてもらえるような実験を多数取り入れたこともあって、子どもたちは楽しみながら学んでいる様子でした。

電磁石で魚釣り

 

 

  2017年 8月 18日(金) 江戸川区子ども未来館


準備中だ?

準備中...

 

 

  2017年 8月 16日(水),17日(木) 丸の内キッズジャンボリー


東京国際フォーラムで行われた丸の内キッズジャンボリーのバイエル社のブースでサイエンスショーを行いました。

人間の体や動植物に隠された生命の科学を、オムニバス形式で3つの実験を通して紹介しました。

アントシアニンと酸塩基

 

 

  2017年 8月 15日(火) 日本出版販売株式会社未来屋書店イオンモール東久留米店


大気圧でコップを持ち上げる

東京都東久留米市にある未来屋書店イオンモール東久留米にてサイエンスショーをしてきました。

今回のテーマは『空気の力』ということで、私たちの周りや上にある、たくさんあるからこそ強い空気の力を使って物の形を変えたり、物を浮かべたりしました。

ものが流れていく感覚を感じてもらえれば幸いです。

 

 

  2017年 8月 13日(日) 夏休み自由研究チャレンジ!


浜田山住宅展示場で来場者を対象にサイエンスショーと実験工作とサイエンスミッションを行いました。

夏休みということもあり、多数の方々がご来場してくださり、実験を楽しんで行かれました。自由研究の題材として活用していただけると良いですね。

 

 

  2017年 8月 12日(土) ミラクル工作教室


風の反作用で回る工作

埼玉県越谷市にある越谷市科学技術体験センター「ミラクル」にて工作教室を行ってきました。

今回は「ダイラタンシー」「クント管」「消えるボール」「小さなジェットエンジン」の4つの工作ブースを設け、約500名の方々に楽しんでいただきました。

実際に手を動かして実験道具を作ることを通じて、試行錯誤や科学技術の面白さを実感していただければ幸いです。

 

 

  2017年 8月 12日(土),13日(日) 浦和ロイヤルパインズホテル夏祭り


浦和ロイヤルパインズホテルで開催された夏祭りで、『空気』をテーマにしたサイエンスショーと『光の三原色』をテーマにした実験教室を行いました。

サイエンスショーでは、ホテルの大きな宴会場の中で、空気砲などの大規模で盛り上がる実験をお見せすることができました。実験教室では、光の三原色を混ぜることができる「三原色コップ」の工作を行いました。

夏祭りに参加した多くのお客様に喜んでいただけたかと思います。

風とジャイロ効果で浮かぶ風船の花

 

 

  2017年 8月 11日(金) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@柏


ドライアイスから発生した二酸化炭素を見る

千葉県内の小学校で『状態変化』に関する実験教室を行ってきました。

身近な水を用いて状態変化について説明し、状態変化に関わる過冷却や減圧沸騰など様々な現象についても説明しました。また、特殊な例としてドライアイスを紹介し、ドライアイスを使った様々な実験も行いました。

日頃なかなか縁がないであろうドライアイスに、子供たちは興味津々でした。

 

 

  2017年 8月 10日(木) 彩の国くらしプラザこども消費者体験教室


埼玉県川口市にある彩の国くらしプラザにて、午前は『光』を、午後は『磁石』をテーマに実験教室を行いました。

午前の部では、光の三原色について学び、「三原色コップ」という工作をしました。また午後の部では、磁石と電気の関係について学び、振るだけで発電できる「振る発電」の工作をしました。

参加者のみなさんが楽しそうに工作していて、私たちも嬉しかったです。

三原色でいろいろな色を作る

 

 

  2017年 8月 8日(火),9日(水) Techno Edge


ハニカム構造工作

2日間に渡って東京大学本郷キャンパスで行われたTechnoEdgeに参加しました。

『錯視』『発光』『バイオミミクリー』の3ブースを出展し、子どもたちに生物に関連した工学を学んでもらいました。

熱心に話を聞いている姿が印象的でした。

 

 

  2017年 8月 8日(火)-10日(木) サイエンススクエア


準備中...

準備中だ?

 

 

  2017年 8月 7日(月) 江古田図書館


錯覚あれこれ

中野区立江古田図書館にて『錯視』をテーマに実験教室を行ってきました。

スライドや手元で実際に錯視を見てもらい、私たちの目がどのようにして錯覚を起こすかについて学んでもらいました。特に、残像効果の実験では、実際には色のついていない白黒の写真に残像効果によって色がついたのを見て、参加者の皆さんがとても驚いていたのが印象的でした。

 

 

  2017年 8月 7日(月) 普連土学園実験教室


中学生、高校生を対象に『数学』をテーマにした実験教室を行いました。

前半は、数学的な考え方のヒントとなる問題をゲーム感覚で考えてもらい、後半は「プラトー問題」という数学的なアプローチで解くことのできる不思議な実験を体験してもらいました。

数学というテーマでしたが、楽しんでいただけていたようで何よりでした。

シャボン液でプラトー図形

 

 

  2017年 8月 6日(日) 日本出版販売株式会社未来屋書店イオンモール土浦店実験教室


カラーペンのクロマトグラフィー

茨城県土浦市にある未来屋書店イオンモール土浦店にて実験教室を行ってきました。

『いつも私たちが見ている色とは一体何なのか』ということをメインに、加法混色(光の三原色)や減法混色(色の三原色)についての実験を色々としてきました。最後には、色ペンのインクをクロマトグラフィーで分けることで、土浦の花火のような綺麗な模様の絵葉書を作りました。

身の回りの色を少しでも使いこなせるようになっていただけたら嬉しいです。

 

 

  2017年 8月 6日(日) 鶴ヶ島市立図書館実験講座


鶴ヶ島市立中央図書館にて実験講座を行いました!今回のテーマは『形』でした。

橋やパラボラアンテナなどの人工物の形の秘密を、実験を通して学んだあと、生物の遺伝物質であるDNAの特別な形「二重らせん構造」についてストラップ工作を通して学びました。

今回の実験講座をきっかけにして、参加者のみなさんが身の回りにある不思議な形に潜む科学に興味を持ってくださったら嬉しいです。

二重らせん構造のDNAストラップ

 

 

  2017年 8月 5日(土) NPO法人子育て応援隊むぎぐみ実験教室


電気を通す素材で光る工作

さいたま市南浦和にあるNPO法人子育て応援隊むぎぐみで『電磁気』をテーマにした実験教室を行いました。

電気を通すものを調べる、磁石がくっついたり反発したりする様子を見るなど、電気と磁石の性質についての実験を数多く行いました。工作では「通電チェッカー」と電磁誘導を利用した「振る発電」を作りました。

今回の実験教室を通して、電気と磁石が科学的に密接に関わっていることを体感していただけたかと思います。

 

 

  2017年 8月 3日(木),4日(金) 夏休み!子ども理科実験


2日間にわたって三鷹市西多世代交流センターにて実験教室を行ってきました。

1日目は『水』を使った実験をしました。水に入れると見えなくなる「消えるボール」の工作が好評でした。

2日目は『光』についてさまざまな実験をしました。光には不思議な性質がたくさんあるということを体験していただけたと思います。

傘袋でレイリー散乱

 

 

  2017年 8月 3日(木),14日(月),17日(木) 子ども体験塾科学であそぶ夏休み『人の体』


重心移動ができないと椅子から立てない

8月3日,14日,17日にそれぞれ青梅市、瑞穂町、羽村市で『人の体』をテーマに実験教室を行ってきました。

すべての実験を自分自身の体を使って体感してもらい、体がどのようにして動いているのか学びました。

保護者様も含め楽しんでもらえたようです。

 

 

  2017年 8月 2日(水),4日(金),8日(火) 子ども体験塾科学であそぶ夏休み『光と色』


8月2日,4日,8日にそれぞれ羽村市、瑞穂町、青梅市で『光と色』をテーマに実験教室を行ってきました。

虹ができる仕組みについて触れながら、2つの工作を交えて、光と色の性質を学びました。

空に虹がかかったときに、この実験教室を思い出してほしいです。

回折格子を使った万華鏡工作

 

 

  2017年 7月 16日(日) 玉川高島屋キッズテラス実験教室


気圧差でスチロール球を吸い上げる

世田谷区にある玉川高島屋にて実験教室を行ってきました。

今回のテーマは『空気のふしぎ』ということで空気の重さや圧力を体感してもらう実験や、空気の不思議な性質を実感してもらう実験を行いました。また、振り子とホバークラフトの工作を皆さんに作ってもらいました。

この実験教室を通じて、私たちの身近にある空気の引き起こす現象や、さらには身の回りの色々な現象に興味を持ってもらえると嬉しいです。

 

 

  2017年 7月 15日(土) 富士中実験教室


都立富士高等学校附属中学校にて実験教室を行ってきました。

今回のテーマは『状態変化・相転移』ということで、様々なものを、気体から液体に、液体から固体に、固体から液体にと変化させました。少し難しいテーマでしたが、温度や力で実際に体感するなどして、経験的に理解していただけたのではないでしょうか。

写真は圧力をうまく使って氷の中に糸を埋め込んだ氷です。どのようにしたらこのような氷が作れるのでしょうか。

圧力で氷に糸を通す

 

 

  2017年 7月 15日(土) ダ・ビンチサイエンス教室


日時計工作

7月のダ・ビンチサイエンス教室では、『宇宙』をテーマに実験教室を行いました。

今回は、太陽と地球と月の位置関係に触れながら、太陽と月が季節や時間を知るための手がかりとなったことを学びました。工作では、手作りの日時計を作り、夏空のもとで観察実験も行いました。

これから始まる夏休みの自由研究にも使ってくれると嬉しいです!

 

 

  2017年 7月 8日(土) 7月東芝未来科学館実験教室


東芝未来科学館で『通信』をテーマにした実験教室を行いました。

通信を使った機器は身の回りに沢山ありますが、そのような通信について様々な実験を通して体験することができました。工作ではスピーカーに使われている圧電素子を利用した糸電話を作りました。

家に帰っても、様々な通信について考えてほしいなと思います。

圧電素子を使った紙コップ電話

 

 

  2017年 7月 8日(土) なかがわ科学塾


作用反作用で回転するコップ

葛飾区にある小中学校連携事業「なかがわ科学塾」にて、『身近に潜む回転の科学』ということでサイエンスショーを行ってきました。

ものが回る理由や、ものが回ったら何が起こるかについて、様々な実験をみんなでしてきました。

回転というと少し難しく聞こえますが、回転は身の回りで上手にたくさん使われていることや、その身近さを感じてもらえていれば嬉しいです。

 

 

  2017年 7月 2日(日) 第2回白猫ラボ実験教室


杉並区にある杉並会館にて、今年度二回目の白猫ラボ実験教室を行いました。

今回は『レンズ』をテーマに、凸レンズを通すとものが大きく見える仕組みを説明したり、レンズを使ったカメラや顕微鏡の工作をしたり、空気で作ったレンズやペラペラのレンズなど少し変わったレンズの観察を行ってもらったりしました。

レンズについてより興味をもってもらえる内容になったと思います。

カメラオブスキュラ工作

 

 

  2017年 7月 1日(土) 科学あそび


光の三原色で好きな色を作る

練馬区関区民センターで『光の色のひみつ』をテーマにサイエンスショーを行いました。

赤外線から可視光、そして紫外線までの色の秘密を学んだ後、様々な色を作ることのできる、光の三原色を使った工作を作りました。

家に帰っても三原色のひみつを実験してくれると良いですね。

 

 

  2017年 6月 30日(金) かがくあそび@西国立保育園


今年度1回目となる西国立保育園での「かがくあそび」は、『磁石』を使っていろいろな実験を試してもらいました。

「磁石つりぼり」のコーナーではみなさんが作ったお魚で楽しく遊ぶことができました。砂鉄スライムのコーナーや電磁石のショーなど、少し難しいお話にも興味を持って考えてくれました。

身近にある磁石を通じて、これから「かがく」について考えるきっかけになればと思います。

 

 

  2017年 6月 26日(月) 荒川区瑞光小学校科学実験クラブ実験教室


電磁誘導を使った工作

『電気と磁石』というテーマで、電気が流れるとコイルが磁石になるということ、逆に磁石を動かすとコイルに電流が流れるということを、実験を通して見てもらいました。

そのあと、「振る発電」工作を行い、自分たちの手を動かしてもらいながら電気と磁石の不思議な関係を体験してもらいました。

 

 

  2017年 6月 25日(日) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@柏


千葉県柏市の小学校にて『浮く』というテーマについての実験教室を行ってきました。

空気の力や密度の違いによってものが浮くという現象を見てもらったり、実際に浮くものを工作で作ってもらったりしながら、一体どういう仕組みでそのものが浮かんでいるのかということを説明しました。

子どもたちは工作で何度も何度も遊んでくれていていました。

ヘリウムで浮かぶ風船

 

 

  2017年 6月 24日(土) 富士中実験教室


周期を変えることのできる振り子

東京都立富士高等学校附属中学校にて、『ゆれると波』というテーマで実験教室を行いました。

振り子の周期と長さの関係を実際に計測して見つけてもらったり、音の干渉を実際に体感してもらったりしました。

みんな積極的に取り組んでくれていたのが印象的でした。

 

 

  2017年 6月 24日(土) 玉川サイエンスクラブ実験教室


世田谷区立玉川小学校で、『鏡』をテーマにした実験教室を行ってきました。

光を何回も跳ね返して目的の場所まで届けたり、潜望鏡工作をしたりと、鏡を使って光を操る体験をしてもらいました。その後、ハーフミラーという特殊な鏡を使って手品のように文字が浮かび上がる工作を行いました。

世の中には鏡の色々な使い方があるということを学んでもらえれば幸いです。

光の反射を使った的当てゲーム

 

 

  2017年 6月 17日(土) 読売新聞千葉県西部会主催実験教室@八千代


水と塩水の浮力の違い

八千代市にある小板橋公会堂にて、『浮く』をテーマにした実験教室を行いました。

風の力を使って浮くおもちゃの工作をしたり、空気をあたためることで浮く気球の実験をしたりしました。

身近に潜む「浮く」科学について、楽しく実感してもらえていたら嬉しいです。

 

 

  2017年 6月 17日(土) 日本出版販売株式会社紀伊国屋書店ららぽーと豊洲店


江東区の紀伊國屋書店ららぽーと豊洲店にて、『空気』をテーマにした実験教室をしてきました。

風船を使って気圧や断熱圧縮を感じてもらったり、雲のでき方を実験で見たり、空気砲を作ってもらって空気の流れを感じてもらったりしました。

様々な実験を通して、身の回りにある空気のふしぎを感じてもらえていたら嬉しいです。

大気圧でコップを持ち上げる

 

 

  2017年 6月 4日(日) 第1回白猫ラボ実験教室


凝固点降下を使って氷を釣る

西荻窪勤労福祉会館にて、今年度1回目の白猫ラボ実験教室を行いました。

『くっつく』をテーマに、でんぷんのりやマジックテープ、継手、凝固点降下についての実験を行いました。

子どもたちに実際に触ってもらえる実験が多く、実感を持って分かってもらえたと思います。

 

 

  2017年 6月 3日(土) 世界が憧れるアカデミー主催実験教室


準備中...

CDで作る虹色

 

 

  2017年 5月 28日(日) 日本出版販売株式会社TSUTAYA坂戸八幡店実験教室


粒の振動で音を見る

埼玉県坂戸市にあるTSUTAYA坂戸八幡店にて実験教室をしてきました。今回のテーマは『目で見える!?音のふしぎ』ということで、普段は目に見えない音を目で見ることができる色々な実験をみんなで一緒にしました。

使ったのは風船や塩、紙コップなどの身近なものばかりですが、模様を描いたり、動き回ったりするものなどを見て、音の正体を実感できたのではないかと思います。

実験のために出した声も会場に響きわたり、大盛り上がりのイベントでした。

 

 

  2017年 5月 28日(日) ほっこり〜のプレゼンツ!ファミリーフェスタin川越ハウジングステージ


川越市の川越ハウジングステージにて、「ほっこり〜のプレゼンツ!ファミリーフェスタin川越ハウジングステージ」でサイエンスショーを行ってきました。

強い日差しの中でしたが、多くの親子連れの方々にお集まりいただき、『ジャイロ効果』に関する実験と空気砲の実験を行ってきました。

コマや自転車を見たときに、今回のショーや『ジャイロ効果』を思い出してもらえるといいなと思います。

巨大空気砲

 

 

  2017年 5月 27日(土) 柏市葉山町親子会サイエンスショー


千葉県柏市で『光』と『空気』についてのサイエンスショーを行ってきました。

様々な色の光や紫外線を使った綺麗な実験、空気砲などの実験を行ってきました。特に光の三原色を手元で組み合わせる実験では、会場全体が綺麗な色に包まれ、大盛り上がりでした。

 

 

  2017年 5月 20日(土),21日(日) 第90回五月祭 出展


東京大学の学園祭「五月祭」にて、今年も「なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷」「なるほど体感!サイエンスショー@本郷」を出展しました。

今年も東京大学本郷キャンパスにて開催された五月祭で、科学企画『なるほど実感!サイエンスミュージアム@本郷』と屋外ステージ企画『なるほど体感!サイエンスショー@本郷』を出展いたしました!

分析ブース

乗り物ショー サイクロイド

サイエンスミュージアムでは、『目で見てみよう!意外と知らないでこぼこの科学!』『分けて見破る!分析の化学』『とびこめ!科学の大海原へ!』という3つのブースに加え、実験の展示以外にも巨大実験企画や研究プログラム(セレンディピティの計画的創出)とのコラボなど今までになかった企画も行い、大盛り上がりでした!

サイエンスショーでは、屋外のステージで『のりのり♪のりもの探検隊!』というショーを2日間で4回上演しました。広々とした場所で行われる数々の派手な実験によって、どの公演も大盛況でした!

さらに、無料パンフレットの配布、実験セットや工作キットのお土産、来場者様参加型企画にTwitter上での企画など例年以上に充実したコンテンツを楽しんでいただいて、2日間を終えることができました。

ご来場くださった方々、応援・ご協力していただいた皆様、誠にありがとうございました。

工作 作用反作用で動く車

集合写真

ご協賛企業様のご紹介

多くの企業様にご協賛いただき、本企画を開催することができました。

感謝の気持ちを込めてここにご紹介いたします。

株式会社構造計画研究所

株式会社ダルトン

サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフサイエンスソリューションズ ライフテクノロジーズジャパン株式会社

株式会社ユーグレナ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社

一般社団法人千葉西部読売会

株式会社ジップアップ

社会福祉法人草萠学舎 西国立保育園

新日本通商株式会社

東罐興業株式会社  

株式会社ワオ・コーポレーション  テクトロニクス社

フェニックス観光株式会社  日本出版販売株式会社

一般社団法人 理系女子未来創造プロジェクト

株式会社少年写真新聞社  株式会社アルファ企画

学校法人河合塾

 

 

  2017年 5月 13日(土) 5月東芝未来科学館実験教室


念力振り子工作

5月13日に東芝未来科学館で『まわる』と『ゆれる』をテーマにした実験教室を行いました。

『まわる』ものと『ゆれる』ものは身の回りにたくさんあること、そして多くの実験を通してその秘密を学ぶことができました。

お家に帰っても実験をしてもらいたいです。

 

 

  2017年 5月 3日(水)-6日(土) 理科でドン!大運動会


5月3日から6日の4日間、川崎市の東芝未来科学館のGWイベント「理科でドン! 大運動会」で運動会にちなんだ3つの実験ブースを出展しました。

多くの方々にお越しいただいて、楽しみながら実験を体験していただくことができました。

磁石を使った野球盤

 

 

  2017年 5月 3日(水) 川口市立科学館わくわく屋台村


紙コップ吸盤

川口市立科学館での企画「わくわく屋台村」に出展し、「紙コップ吸盤」という工作を行いました。

200人近くもの子供たちに体験してもらい、子供たちが楽しそうに工作をしているのを見て、私たちもとても嬉しくなりました。

家に帰ってからも「紙コップ吸盤」で遊び、科学にさらに興味を持ってくれればいいなと思います。

 

 

  2017年 4月 23日(日) Tokyoふしぎ祭エンス2017


4月22,23日の2日間にわたって日本科学未来館で開催された「Tokyoふしぎ祭エンス2017」の2日目に、今年も出展しました!

今回は『マジック』をテーマにしたサイエンスショーを、主に小学校低学年の子供たちを対象に行いました。

マジシャンXから出された謎を、科学を用いてみんなで解き明かしていきました!

科学を使えば不思議な現象を解明することができるかもしれませんよ?

pHシャンパンタワー

 

 

  2017年 4月 22日(土) 第三回新歓実験大会


プリズムでできた虹

新入生にCASTが普段どのようなことをしているのかを紹介する「新歓実験大会」の3回目が行われました。

今回は『分解』をテーマにしたショーと『電磁気』をテーマにしたブースを披露しました。

1つのテーマに基づいていくつもの実験が登場するショーとブースに感激してもらえたと思います。

 

 

  2017年 4月 17日(月) 新歓サイエンスカフェ


滝川洋二先生をお招きして、新入生を対象としたサイエンスカフェを開きました。

滝川先生には「サイエンスコミュニケーションとはどのようなものか」をたくさんの実験を交えながらお話していただきました。

サイエンスコミュニケーションについて一層の興味を持ってくれるとうれしいです。

滝川洋二先生

 

 

  2017年 4月 15日(土) 富士中実験教室


力の分解

東京都立富士高等学校附属中学校にて、「力の合成分解」と「慣性」についての実験教室を行ってきました。

様々な方向から電線が張られている電柱をうまく立たせる実験や、くす玉を落とさずに割る実験など、身近な題材を用いた実験で楽しく理解していただけたのではないでしょうか。

 

 

  2017年 4月 15日(土) 第二回新歓実験大会


先週に引き続き、CASTに興味を持ってくれた人を対象とした「新歓実験大会」を行いました。

今回は、『空はなぜ青く見えるのか?』をテーマにしたショーと、バイオミメティクスなどを紹介する『植物』ブース、さらに『光』に関する工作を2つ行いました。

伝えたいことがどのようにしたら伝わるのか、より興味を持ってもらうにはどのような見せ方をしたらよいのかなど、サイエンスコミュニケーションの一端に触れてもらえたと思います。

 

 

  2017年 4月 9日(日) 第一回新歓実験大会


CASTの活動内容をよく知ってもらうために、CASTが普段行っている実験を新入生に披露する「新歓実験大会」を開催しました。

第一回の今回は『空気』をテーマにしたショーと『数学』をテーマにした実験教室、そしてその2つのテーマに関する工作を行いました。

強い風でものを浮かせる実験や空気砲といった目で見て楽しめる実験から、数学の図形の知識を使った少し考えるような実験まで、様々な種類の実験に新入生の方々にも楽しんでいただけたようです。

 

 

  2017年 3月 31日(金), 4月 1日(土) サークルオリエンテーション


駒場キャンパスの一角にブースを設け、訪れた方々にCASTの活動に関する説明をしました。偏向板を用いた簡単な実験なども交えて、和気藹々と話を弾ませていました。

新入生歓迎イベントはここからが本番です!これからもどうぞお楽しみに!

 

 

  2017年 3月 29日(水),30日(木) テント列


CASTという団体を知ってもらうために、東京大学のサークルや部活全体で行なっている新入生向けの新歓企画の一つ、テント列に参加してきました。

文科理科共に多くの人にお越しいただき、CASTという団体。そしてサイエンスコミュニケーション活動について、新入生の方々に少しでも知っていただけたのではないかと思います。

 

 

 

 

2016年度

 

 

 

トップへ戻る

 

 

 


 

Last up date: 2017. 10. 23  サイトマップ   このサイトについて   CASTってなに?どこで会えるの?どんなことをしてるの?科学の実験・お話お問い合わせ 

 

Copyright 2009- The University of Tokyo Science Communication Circle CAST All rights reserved.