東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST

CASTってなに?   どこで会えるの?   どんなことをしてるの?

 

科学の実験・お話    お問い合わせ

 

 サイトマップ このサイトについて

 


 

 

トップページ>テンセグリティの作り方

テンセグリティの作り方

第一回新歓実験大会で作ったテンセグリティの作り方です。

時間が足りなかった方はここを参考にしてください。

 

テンセグリティの作り方1

まずは材料の棒6本と輪ゴム6個を用意します。

テンセグリティの作り方2

写真のように、輪ゴムを棒の両端に引っ掛けます。

テンセグリティの作り方3

6本中4本についてこれを行なってください。便宜上今から、輪ゴムが付いているものをA、輪ゴムのついていないものをBと呼ぶこととします。

テンセグリティの作り方4

Aを3つ用意し、横にした1つのAの両端に、縦向きのAの輪ゴムを引っ掛けて写真のようにします。縦向きのAは横向きのAに対して同じ方向にあるようにしてください。できたら、反対側にもう一つ横向きのAをつけます。

テンセグリティの作り方5

縦のA二つの上の端に写真のように輪ゴムを引っ掛けます。下についても同様に行います。

テンセグリティの作り方9

このような正六角形になるように頑張ってください。まだ形は二次元です。

テンセグリティの作り方11

上の写真で横向きのAはまだ輪ゴムが使われていません。このA2つ分の輪ゴムを使って写真のようにBを入れていきます。

テンセグリティの作り方12

2つ目について同様の操作を行なった後の写真です。

テンセグリティの作り方13

別視点です

テンセグリティの作り方14

最後に、棒2つにしかかかっていない輪ゴムがあるので、左の写真のように拡げて、尤もらしいところにかけることを目標に頑張ってください。

テンセグリティの作り方15

これで完成です

 

 


 

Last up date: 2017.04.21   サイトマップ  このサイトについて  CASTってなに? どこで会えるの? どんなことをしてるの? 科学の実験・お話 お問い合わせ

 

Copyright 2009- The University of Tokyo Science Communication Circle CAST All rights reserved.